ごあいさつ

アンチエイジングドック

<アンチエイジングドック>

誰でも長所短所があるように身体にも若い部分と老化した部分があります。

老化が進んだ部分に対してアンチエイジング治療でアプローチしていく流れです。

筋肉、骨など6個程度のパーツに分けて各々の老化度を算定するのがアンチエイジングドックです。

結果はビジュアルでわかりやすいチャートに描いてご説明します。

スタンダードコースとアドバンスコースをご用意しました。

 

また、個別の項目を選んで検査することも可能です。

以下、各コースの内容です。

 

1. スタンダードコース

自覚症状(抗加齢問診票)

ストレステスト

一般血液検査 (CBC, Ca, P, Mg)

腰椎レントゲン2方向

神経年齢 (ウィスコンシンカードソーティングテスト)

血管年齢 (CAVI)

骨年齢 (Hologic Horizon)

筋肉年齢 (Hologic Horizon)

ホルモン年齢 (ソマトメジンC)

糖化年齢 (AGEリーダー)

 

2. アドバンスコース

ベーシックコースの全項目

血液検査 (Zn, フェリチン)

ビタミンD (25OHVD)

性ホルモン (テストステロン、エストラジオール)

免疫年齢 (DHEA-s、コルチゾール)

ホモシステイン

脂肪酸分画

酸化・抗酸化 (d-ROMs, BAPテスト)

 

3. オプション

毛髪ミネラル検査

ミネラル誘発検査

GI MAP検査、GI MAP検査+ゾヌリン検査

IgGフードMAP検査

 

GI MAP検査は従来行われていた腸内フローラ検査に代わるものです。

PCRを用いるので従来の方法に比べて検体採取が容易で精度の高い結果が得られます。

ゾヌリンは腸上皮細胞同士の結合を弱める作用があり、ゾヌリンが多いと腸のバリアー機能が障害されていることを意味します。

従来の遅延型フードアレルギー検査は、現在IgGフードアレルギー検査に移行しています。